院長あいさつ

ueno院長 上野 修一
JA福島厚生連 高田厚生病院のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。

高田厚生病院は昭和23年5月24日の開設以来、半世紀以上にわたり福島県大沼郡唯一の公的医療機関として、地元行政である会津美里町とJAからのご協力を頂きながら、地域住民と農家組合員の健康を守り、豊かな地域づくりに貢献すべく努力して参りました。

現在は常勤医師5名(内科2名、外科2名、心身医療科1名)と福島県立医科大学、会津医療センター、坂下厚生総合病院ほか関係医療機関からの非常勤応援のもとに運営しています。

病院の特徴としては、一般急性期病床、療養病床、精神科病床が融合した、いわゆるケア・ミックス型の形態を取っているところであり、急性期医療とそれに続く慢性期医療、心身疾患等を可能な限り診療しています。

外来については常勤医師に加えて専門性の高い医師の応援を頂きながら、各科とも充実した診療を行っております。また、心身医療科においては自立を目指す人へのリハビリテーションの場として精神科デイ・ケアも実施しています。さらに今後増加が見込まれる認知症への対策として「認知症家族教室」を定期的に開催するとともに、会津美里町が目指す「福島県一認知症に優しい町」へ向けた取組みにも参加し、認知症サポーターの養成や研修会への協力活動を行っています。

今後も職員一人ひとりが医療従事者として、たゆまぬ研鑽に励みながら「地域密着型病院」として良質な医療の提供を目指してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。